AGAの治療を受けていても生活習慣の改善は大切です

AGAの治療を受けているからといって、従来の生活習慣を継続してよい、と、いうことにはなりません。AGAの原因には生活習慣やストレスが関係しています。それらを改善することもAGAの治療において大切です。健康的な生活は健康によいですからAGAの治療だけでなく様々な面においてメリットがあります。改善すべきポイントとして大きなものにストレスがあります。多かれ少なかれ、誰しもストレスを抱えています。

しかし、過度なストレスは自律神経のバランスを乱れさせます。それにより血行が悪くなります。またホルモンのバランスにも悪影響ですから、ストレスを適度に解消することは大切です。運動で解消したり、入浴でリラックスするなどして、適度に解消することが必要です。睡眠不足もストレスに繋がります。ストレス解消のためといっても、喫煙はよくありません。喫煙や深酒は血行を悪くします。お酒は適度な量に留め、禁煙を心掛けましょう。

髪の毛は食事から作られますので食生活も大切です。脂っぽいものは避けて、魚や野菜を中心とした食事をとると良いです。肉中心の食事をされている方は、食生活を変えることで高い効果を期待できます。AGAの治療を受けている方にとっても、生活習慣の改善は効果があります。服用している薬の効果を高めることが期待できます。AGAに悩まれている方のなかには、生活習慣の改善だけでも効果を実感出来てる方もいらっしゃいます。AGAの治療と合わせて生活習慣の改善を行えば、より高い効果を期待することができます。女性 薄毛 治療 大阪

最近福沢諭吉を読んでます

全く関係のない事を書きますが、最近は福沢諭吉翁にはまっています。今更通って言われそうですが、学問のすすめを読んでいます。なんだか福沢諭吉って漫画家なにかに出てくる架空の人物のようなイメージを気づいたら持ってしまっていましたが、実際に存在した人なんだなぁって思わされますね。

しかもたかだか130年くらい前の話ですから。幕藩体制から自由主義国家へと変わった時代に、国民一人ひとりが独立心を持つことの大切さを説いています。外国との文化や経済力の差を圧倒的に見せつけられていた時代なので、国民一人ひとりが立ち上がり向上心を持って生きなければ植民地にされてしまう。福沢先生はそう思っておられたようです。

そこでふと思ったのですが、明治時代初期とかに活躍された偉人たちってハゲの人が少ない気がしませんか?今の政治家を見れば薄毛やハゲの人は山ほどいますけど、あの頃の人の肖像画や写真などを見ると、ハゲている人が極端に少ない気がします。気のせいでしょうか?

そう考えると、あの頃の食生活や生活スタイルが今とは違うからかなぁとか考えてしまう自分がいますね。鎖国を解いて欧米の文化が一気に流れ込んだ時期なので、まだそれほどハゲを誘発するような生活スタイルが定着していなかったのかなぁと…。まぁ何も根拠のない自分勝手な推理ですが。

事前に知っておきたいAGAの治療薬の副作用とは?

AGA治療を行う際に、医師に受診してもらうことで、AGAと判断されれば、ほとんどの場合に治療薬を処方されるでしょう。 例えば、AGA治療薬の代表的なものとして、プロペシアやミノキシジルが挙げられます。 これらの治療薬は非常に実績豊富であり、多くの方でAGAの改善が見られています。

でも、それだけの効果があるのなら、当然、副作用の心配もあるのでは…と不安に感じる方もいらっしゃるでしょう。まずプロペシアですが、これは大きな副作用がなく、他の治療薬との飲み合わせもおおむね問題ないとされています。 ただし、まれに性欲の減退や肝機能障害を引き起こすとされていますが、副作用としての頻度は極めて低く、しかも症状が現われても、非常に軽いものとされています。

一方でミノキシジルはそもそもが高血圧の治療薬としての実績が強いもので、血管を広げることで血液の流れをスムーズにする効果があります。 そのため、副作用としては低血圧の方ならより血圧が下がってしまう危険性があります。 また、かゆみやかぶれを引き起こす可能性もあるとされています。

あと副作用がないからと医薬品以外の育毛剤、たとえば医薬部外品とか化粧品などの育毛剤を使う人もいますが、その場合も必ず弊害がないとは限りません。成分に含まれているもので皮膚が被れてしまったり、痒みが出てしまったりといったことは十分考えられます。ノーリスクだと思って気軽に使うのも考え物です。

男性ホルモンの影響で起きるAGAが原因の女性薄毛

女性薄毛の種類の中には、男性ホルモンの働きによって起こる進行性の薄毛や脱毛のAGAがあります。もともと男性ホルモンが少ない女性でも、男性のものと同じように男性ホルモンの影響で脱毛してしまいます。 しかし、女性の場合は、男性ホルモンの影響だけでなく、ストレスや生活習慣、更年期などの影響と複合して起こる場合が多く、原因が特定されにくいという特徴があります。

AGAといえば、有効な医薬品に、プロペシアがありますが、実は女性には使用できない薬剤となっているため、女性の場合の治療はとても難しいものとなっています。

最近では、女性薄毛で悩む方も増えているようで、女性専用のクリニックなどもあり、専門医に相談して治療をすることができるようになっています。 治療の方法として育毛メソセラピーやHARG療法を利用すると、高額な治療費がかかってしまうにもかかわらず、女性のAGAに必ず効果があるわけではないので利用するときにはじっくり検討する必要もありそうです。

進行性の女性薄毛に悩んでいるときは、まずは毛根や発毛因子に働きかけるような成分の入った育毛剤などで手軽に始めてみるといいかもしれませんね。

薄毛をカバーするはずの増毛で抜け毛が増えてしまった

増毛は発毛剤のように長い時間かけてケアしなくても、1日であっというまに髪の毛を増やすことができます。 でも、増毛のせいで抜け毛が促進されてしまうことがあるというのは、本当なのでしょうか?

代表的な増毛法は、残った自毛の根元に人工毛を括りつけて増やす方法です。 根元に結び目ができるのですが、時間が経てば髪の毛の成長とともに上に浮いてきます。 するとブラッシングするときにブラシに結び目が引っ掛かってしまい、自毛に負担が掛かって抜け毛になってしまいます。 そのことを防ぐには、こまめにメンテナンスに通って結び直すしかありません。

ただし、増毛で抜け毛が増えてしまったというのは、勘違いの可能性があります。 まず、髪の毛は正常な状態でも発毛サイクルというものがあり、時期が来たら必ず抜けてしまいます。 その自然に抜けた毛に人工毛が結び付けられていた場合、抜け毛が多くなって見えます。 30代なら1日当たり100本ぐらい抜けるのは普通ですが、これ以上増えないように育毛と増毛のメンテナンスをするのも大事ですよ。

自毛植毛施術法「FUT」の特徴

自毛植毛は人口毛植毛に替わるAGA外科治療ですが、この施術法は今のところ2通りあります。 一つは「マイクログラフト法」と呼ばれる施術法で、1㎜程度の頭皮片を1株として植毛針で1株ずつ植毛していきます。 これに対し毛包単位で植毛していく施術法を「FUT」と呼び、世界的にはこちらの方がAGA外科治療としては一般的な方法として採用されています。

「FUT」とは「フォリキュラー・ユニット・トランスプランテーション」の略で、この「フォリキュラー・ユニット(FU)」とは毛包単位のことです。 人の髪の毛は一つの毛包につき1本しか生えていないわけではなく、大抵3~4本の束になって生えているのですが、この毛包ごとに株分けして植毛するため、実際の髪の毛の生え方に最も近い植毛法と言うことができます。 その為マイクログラフト法よりも自然な仕上がりであり、髪の定着・再生率も高くなります。 またFUTの場合に使用するメスは毛根を傷つけにくい一枚刃であるため、頭皮に優しい植毛法でもあります。

これらのことからAGA外科治療として高く評価されているFUTですが、細かな作業になるためそれだけ時間がかかってしまうこと、また医師やスタッフの腕によって仕上がりが大きく左右されてしまう点が課題となっています。

通院期間を最短にして、AGA自己治療に励む方法

クリニックでのAGA治療の場合、通院期間とは基本的に「患者自身が気にならなくなるまで」です。 というのもAGAは、治療によって改善されても、治療をやめてしまえばまた元に戻ってしまい、放っておくとまた進行してしまうからです。 従って一生涯AGAに悩まされたくなければ、通院期間=一生ということになってしまいます。

とは言うものの、クリニックで受ける治療とは大抵の場合薬の処方と経過を診ることです。 順調に、体にも問題なく薬が効いている間は、その薬を処方してもらうために通院するということになります。 だったらその薬さえあれば通院の必要もないのでなないか、と思いますが、残念ながらAGA治療に使う薬、「プロペシア」は医薬品であり、医師の処方なしに日本の薬局で手に入れることはできません。

しかし海外からの個人輸入という方法や、ジェネリック薬品で代用するという方法もあり、実際に費用面の節約の為にも、まずクリニックで診察してもらって薬を処方してもらい、効果が出始める6ヶ月ほどの通院期間を経た後は、個人的に薬を手に入れて自己治療に励むという人もいるようです。 ただし個人輸入や自己治療、自己判断にはそれなりのリスクが伴うことも忘れないようにしてください。

通院する医療機関によっても通院頻度が異なります。専門のクリニックであれば月に1回は通院する必要がありますが、一般の皮膚科などで薬を処方してもらうだけの治療の場合は、3か月もしくは6か月など、専門のクリニックに比べると長いスパンとなります。

ただし、より効果的な治療をお望みなら、検査ののちに治療法をオーダーメイドで作ってくれる専門クリニックのほうがお勧めです。薬を処方するだけでは、AGAの原因も分かりませんし、その対処法も割り出すことが出来ません。万人に効く薬がないことからも、しっかりと検査ののちに処方してくれる専門クリニックをお勧めします。

福岡県もしくは周辺県からの治療をお望みなら、こちらのサイトをご参考ください。福岡のみならず、佐賀や長崎、大分、熊本、鹿児島からも治療に訪れているほど評判の病院がピックアップされています!参考:aga治療福岡.biz

頭皮ニキビは本当にプロペシアの副作用なのだろうか

男性型脱毛症の治療薬でもあるプロペシアには、その治療の効果もありますが、同時に副作用もあります。 発毛促進剤であるミノキシジルによりかは、副作用は圧倒的に少ないのですが、全くないということはありません。

プロペシアがどんな副作用を持っているか説明しますと、大きいものですと肝機能障害を起こす可能性があります。 これは、あんまり見られない副作用になっていて、よく見られるのが頭皮ニキビではないのでしょうか。

プロペシアを服用している方の多くの人が言っていることですが、首筋や頭皮ニキビとなっています。 他の薬やミノキシジルの関係で、ハッキリと頭皮ニキビがプロペシアの副作用とは断定できませんが、よくこのような発疹が発生するという事を耳にします。

一応この薬は、頭皮ニキビとの因果関係はありませんので、たまたま重なっただけの可能性が高いと思われます。 基本的にプロペシアは、ミノキシジルよりも副作用が少ない治療薬となっていますが、不安に思うなら医者に相談すれば良いでしょう。

AGA治療に欠かせない「育毛剤」と「発毛剤」の定義の違い

薄毛や抜け毛の症状に悩む男性の9割以上が「AGA(男性型脱毛症)」と言われるほど、男性にとって、AGAはとてもメジャーな病気です。 「仲間がたくさんいる」と言えばその通りですが、仲間がたくさんいるからといって、安心してはいられないものでもあります。

薄毛や抜け毛に悩まされるようになってくると、誰もが「育毛剤」や「発毛剤」といった、薄毛や抜け毛への効果が期待できる薬の使用を考えるかと思います。 ですが、育毛剤と発毛剤の違いを知り、薬を適切に使うことができている人は、あまり多くないように思います。 育毛剤と発毛剤は、目指す所は同じなのですが、実は定義が違うのです。

まず、育毛剤の定義ですが、今生えている毛を健やかにすることで、薄毛や抜け毛の進行を遅らせることを目的としています。 つまり育毛剤は、「今生えている頭髪に作用するもの」ということです。

次に、発毛剤の定義ですが、もうすでに毛が抜けてしまった部分や薄くなりつつある部分に、再び毛を生やすことを目的としています。 つまり発毛剤は、「新しい毛を増やすために使用するもの」ということです。皆さんのAGAの状態がどのような状態なのかはわかりませんが、このページで育毛剤と発毛剤の定義を知ることができたと思うので、今後適切に使い分けることができると思います。

育毛剤には副作用などのリスクもありますので、使用する際には注意事項を守って使用するようにしましょう。男性用の育毛剤を女性が使うと副作用が出る成分などもあるので、特に妊婦の女性などは注意が必要ですね。

AGA治療に用いられる薬「ミノキシジル」の副作用

テレビコマーシャルの影響で、その存在が幅広く知られるようになった「AGA(男性型脱毛症)」。 皆さんももちろんご存知かと思います。AGAは、簡単にいうと、薄毛や抜け毛が進行していく病気のことです。 「ジヒドロテストステロン」という男性ホルモンが、「アンドロゲンレセプター」という受容体と結合することによって、薄毛や抜け毛の症状を引き起こします。

AGAの治療に用いられる薬の代表格として、「ミノキシジル」が挙げられます。 医薬品名でいうと、「ロゲイン」や「リアップ」といった医薬品になるのですが、ミノキシジルでAGAを治療するにあたって気になるのが、「副作用」のことではないでしょうか。 薬である以上、副作用が起こらないということはあり得ないですから、副作用のことは、誰もが知っておくべきだと思います。

ミノキシジルは、元々は高血圧の薬として、血圧を下げるために用いられていた薬です。 ミノキシジルを使用した患者さんに、多毛の症状が現われたことから、血圧を下げる効果と共に、発毛効果が期待できるようになったのです。

しかし、元々低血圧だという方には不向きな薬です。 他の副作用としては、頭皮のかゆみ・かぶれ・発疹・フケといった皮膚に現われる症状から、頭痛・めまい・吐き気・むくみといった身体に現われる症状が報告されています。発症率は低いのですが、発症した患者さんがいることは事実なので、体調の変化に注意するようにしたほうが良いでしょう。

関連サイト:http://xn--1-0eu4ae1i9dzdy032am1f0r1h.biz/